スタッフブログ

2014.01.11更新

こんにちは。動物看護師のHです。
今日は最後に我が家にやってきた猫・まるさんの紹介をしようと思います。

2012年の冬。あまりの寒さにちょっとした出来心で家の駐車スペースに野良猫用段ボールハウスを設置しましたsnow
少しでも寒さをしのいでもらえればという些細な親切心でした。

ですが段ボールハウスが使われている形跡はなく、使われることなく冬を越すだろうと思い始めた時でした。

段ボールハウスから弱々しい鳴き声が聞こえてきたのですflair
中を覗くと、鼻水を垂らして目ヤニをたっぷりくっつけた、まん丸で小さな猫が文字通り丸まっていました。

このまま万が一のことがあったらと思い、急いで動物病院で診てもらいましたhospital

注射をして、お薬を飲ませて、点眼点鼻、ネブライザーと色々手を尽くし、状態が良くなるころには愛着がわいてしまい・・・
飼うつもりなんてなかったのに、手放すこともできず飼うことに・・・


まだ体調が優れず、ケージから出られなかった1年前の姿cat

名前は見たまんま、丸いから「まる」。甘え上手な3男坊ですshine

埼玉県越谷市蒲生
"大切な家族の健康のために穏やかで楽しい年月をサポート"
なぎの木どうぶつ病院

投稿者: なぎの木どうぶつ病院

  • なぎの木どうぶつ病院
  • メールでのお問い合わせ
  • TEL:048-987-5585
  • なぎの木どうぶつ病院
  • contact_sp02.png
  • メールでのお問い合わせ